" /> " />


家電
家庭用電気機械器具(かていようでんききかいきぐ)は、電気製品の一覧 電気機械器具の中で、主に家庭用として使用されるものである。
家庭用電気器具(かていようでんききぐ)
家庭用電気機器(かていようでんききき)
家庭(用)電気製品(かてい(よう)でんきせいひん)
略称・電気製品(でんきせいひん)、家電製品(かでんせいひん)、家電(かでん)
家庭(用)電化製品(かてい(よう)でんかせいひん)
略称・電化製品(でんかせいひん)
文中では、主に「(家庭用)電気製品」の名称を使う。
家庭用と工業用との電力では周波、電圧、電流が異なるが、家庭用電気製品は、一般家庭に引き込まれている単相100ボルト (単位) ボルトまたは単相200ボルトの電圧に対応し、販売は電気用品安全法(PSE法)に定められており、素人が使用しても危険がないように設計され、説明書なども詳しく書かれている。

家電用品安全法
『電気用品安全法』より : 題名=電気用品安全法
通称=電安法・PSE法
番号=昭和36年法律第234号
効力=現行法
種類=行政法
内容=スタブ
関連=スタブ
n:2001年以前の中古家電、4月から販売困難に?リサイクルショップなど、対応に追われる 2001年以前の中古家電、4月から販売困難に?リサイクルショップなど、対応に追われる
n:PSEマークなしでも販売可能へ PSEマークなしでも販売可能へ
}}画像:PSEmark.jpg thumb right 250px [個人撮影]SONY製ACプラグ[特定]
電気用品安全法(1961年 昭和36年法律第234号)とは、電気用品の安全確保について定められている日本の法律である。
旧来の電気用品取締法(通称:電取法)に替わり、2001年 平成13年4月1日に施行された。製造事業者や輸入事業者の自主性を促すために手続きを大幅に緩和する改正であったが、旧来の表示をしたままの電気用品に関してはかえって販売が規制されるようになり、また関連省庁にさえ十分な告知を行わないまま施行寸前になっていきなりやり出すという姿勢に、消費者や一部の販売業者などの間で激しい反対運動が起こっている。(後述)

家電量販店
家電量販店(かでんりょうはんてん)とは、主にテレビ受像機、パーソナルコンピュータ パソコン、オーディオ機器などの家庭用電気機械器具 家電製品を多く仕入れて安く売ることを基本路線とする小売 小売店。
秋葉原(東京)や日本橋 (大阪市) 日本橋(大阪、通称でんでんタウン)を発祥とする電器店やオーディオ店が巨大化し、チェーン展開していったのが始まりである。1980年代以降は、新宿駅や池袋駅周辺に拠点を置くカメラ系の大型量販店が、「カメラ店」の枠を超え、家電をはじめAV機器、パソコン、携帯電話などの販売も手がけるようになった。1990年代以降は秋葉原や日本橋に代わって、新宿や池袋、梅田などのターミナルに店舗を構える大型量販店が相次いで誕生。郊外では複数の駐車場付き店舗網を持つチェーンストアが主流となっている。

家電メーカー
『電機メーカー』より : 電機メーカー(でんきメーカー)とは、家庭用電気機械器具 家電と呼ばれる軽電製品(テレビ、洗濯機、電気調理器具、空調機器 など)や重電製品(発電機、変圧器などの電力機器 電力設備)、LSIなどの半導体、産業用電気製品(産業用電動機、産業用ロボット など)、航空宇宙機器(民間用航空機、人工衛星、宇宙探査機、ロケット など)、軍需産業 防衛産業(防衛用航空機、ミサイル など) これらの電気製品をどれか一つでも手掛けているメーカーのことである。一般に大規模な企業である。
以上の製品のうち多くの分野を手掛けているものは、総合電機メーカーといい、主に家電製品を手掛けているメーカーは家電メーカーと呼ばれる。いわゆる中小企業の電気部品メーカーなどは該当しない。(ただ、電子部品の大手企業では東京一部上場企業も多い)

家電製品
『家庭用電気機械器具』より : 家庭用電気機械器具(かていようでんききかいきぐ)は、電気製品の一覧 電気機械器具の中で、主に家庭用として使用されるものである。
項目名は法律や行政用語である「家庭用電気機械器具」としているが、一般的には、次のように呼ばれることが多い。
家庭用電気器具(かていようでんききぐ)
家庭用電気機器(かていようでんききき)
家庭(用)電気製品(かてい(よう)でんきせいひん)
略称・電気製品(でんきせいひん)、家電製品(かでんせいひん)、家電(かでん)
家庭(用)電化製品(かてい(よう)でんかせいひん)
略称・電化製品(でんかせいひん)
文中では、主に「(家庭用)電気製品」の名称を使う。

家電品
『家庭用電気機械器具』より : 家庭用電気機械器具(かていようでんききかいきぐ)は、電気製品の一覧 電気機械器具の中で、主に家庭用として使用されるものである。
項目名は法律や行政用語である「家庭用電気機械器具」としているが、一般的には、次のように呼ばれることが多い。
家庭用電気器具(かていようでんききぐ)
家庭用電気機器(かていようでんききき)
家庭(用)電気製品(かてい(よう)でんきせいひん)
略称・電気製品(でんきせいひん)、家電製品(かでんせいひん)、家電(かでん)
家庭(用)電化製品(かてい(よう)でんかせいひん)
略称・電化製品(でんかせいひん)
文中では、主に「(家庭用)電気製品」の名称を使う。

家電リサイクル法
『特定家庭用機器再商品化法』より : 題名=特定家庭用機器再商品化法
通称=家電リサイクル法
番号=平成10年法律第97号
効力=現行法
種類=法律
内容=家電のリサイクルについてなど
関連=環境法
特定家庭用機器再商品化法(とくていかていようききさいしょうひんかほう)平成10年(1998年)6月5日法律第97号(最近改正:平成15年6月18日)は、家庭用電化製品のリサイクルを行い、廃棄物を減らし、資源の有効利用を推進するための法律である。
略称:家電リサイクル法
特定家庭用機器の小売業者及び製造業者等による特定家庭用機器廃棄物の収集及び運搬並びに再商品化等に関し、これを適正かつ円滑に実施するための措置を講ずることにより、廃棄物の減量及び再生資源の十分な利用等を通じて、廃棄物の適正な処理及び資源の有効な利用の確保を図り、もって生活環境の保全及び国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。(第1条)

家電機器
家電機器(かでんきき)とは、主に家庭で使用される電子機器・機械である。
家電業界については家庭用電気機械器具を参照。
家電の歴史については家庭の電化を参照。
電気製品のあいうえお順の索引については電気製品の一覧を参照。
主なものを列挙する。詳細は映像機器を参照。
表示装置
テレビ
プロジェクター
記録・再生装置
ビデオテープレコーダ
撮影装置
ビデオカメラ
主なものを列挙する。詳細は音響機器を参照。
録音・再生装置
ワイヤーレコーダー

家電製品 (2ちゃんねるカテゴリ)
家電製品は、匿名掲示板2ちゃんねるの中の家電全般をカテゴリとする。
カテゴリ内では携帯関係がアクセス数が多い。
AV機器板はマニアによる書き込みが多い。
1999年6月29日 家電製品板新設{stub}
15個の板からなる。
2ちゃんねるカテゴリ かでんせいひん







価格.com - 家電
http://kakaku.com/kaden/


家電 - ビックカメラ.com
http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/kaden/index.jsp


家電 Watch Title Page
http://kaden.watch.impress.co.jp/


安値世界一への挑戦 コジマ‐ネットでお買物 チラシ掲載コジマセットや ...
http://www.kojima.net/


日立の家電品
http://kadenfan.hitachi.co.jp/